オフィスで手放せない優良な名刺入れ

新しいオフィスに勤めたときに、名刺入れを買い替えました。名刺入れ一つで見た目や印象が変わると思うのです。

オフィスで手放せない優良な名刺入れ

オフィスでは名刺入れが手放せません。

名刺入れは、オフィスの必需品です。初対面の人間とは必ず名刺交換をします。その時、絶対に名刺入れを見てしまうのです。その名刺入れのセンスだけで、ある程度の人柄が分かると思うからです。まじめな人かそうで無いかは、ほぼ一発で分かります。意外とこの人遊び人なんだなあとか、この人は固そうだとかが分かるから不思議です。それ故、僕も新しいオフィスへ入ったその日のうちに、名刺入れを買いに走りました。それまでも持っていたのですが、少し痛みが出ていてので、この際だからと思って、買い替えたのです。それなりに自分の性格を物語っているモノに感じたのではないでしょうか?それほど名刺入れって気になるモノだと感じてしまいます。名刺入れの上に名刺を置いて名刺交換をするのですから、必然的に名刺入れを見てしまいます。初対面の人を判断できるのはその瞬間以外にないと思うからです。相手もこちらを見ているなと言うことがよく分かります。

名刺入れだけでも相手より勝っていないとという気構えをもろに出しながら、相手の名刺を名刺入れにしまいます。相手の名刺入れの方が遙かに良いと、その瞬間に負けた気分になるから不思議です。それぐらい、名刺入れは語っていると言えます。相手のことを語っているのだから、当然ながらこちらのことも語っているはずです。どんな風に見られているのか、この人にどんな印象を与えたのか、それが非常に気がかりになります。相手のことが理解できるのは、その初めての名刺交換からしばらく時間が経たないことには分かりません。それまでは謎でしか無いと言えるのです。それ故、名刺入れを出して、良い印象を与えたいと考えるのです。恐らく良い名刺入れを持っておられる方はそれがよく分かっておられるのだと主負います。また、そんなところに気を配られる方は、この人は出来るなと感じてしまうのです。それだけ名刺入れは大切だと言うことです。あまりいたんだ名刺入れを出すのは考え物だと思います。